FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- l スポンサー広告 l top ▲
※すみません。予約投稿のためレスしてないのがあるかもしれませんがご容赦

政治に詳しい方はご存知かもしれませんが、
「年次改革要望書」なるものがあることをご存知でしょうか?


僕もテレビや本で見たぐらいのなんちゃっての知識ですが
今日はちょっとそれについて触れたいと思います。

※最近数か月こんなことばかり考えていたので
 鬱々になっちゃってて、ちょっと吐き出すため長文ご容赦。
「年次改革要望書」とはアメリカから日本に対して、
日本の組織や法律をあーせい、こーせいみたいな事を言ってるものです。


稚拙な私の頭の記憶に残る
例としてあげられるものとして、
とりあえず以下のものがあります。
※実施されてないものも含め。

・ホワイトカラーエグゼンプション
・労働者派遣法の改正(製造業への派遣、派遣期間の撤廃)
・株式交換による三角合併
・郵政民営化
・ゆとり教育



ホワイトカラーエグゼンプションは
経営者の側から見て人件費を抑制したい事から起きるもの。
また、派遣法は製造業へは小泉さんの時期に始めました。
派遣期間の撤廃(3年過ぎても正社員にしない)は
実際には行われてませんが要望書には出ているようです。

確かに短期的に人件費を削減できますが、
最終的に労働者の勤労意欲が低下したり、
日本のお得意とする技術の積み上げによる効率化、
良い製品、サービスの向上がなくなりますよね?


株式交換による三角合併は
M&Aのことでライブドアがやっていた手法。
今までは外資系の会社からの株式交換は
許可されてませんでしたが2007年から許可されています。
要するにアメリカの会社が現金を直接使うことなく
日本の会社を子会社化することができるため、
容易に子会社化できるようになります。
(日本企業もアメリカ企業を子会社化すれば?
というはなしもありますが、時価総額の差もあり難しい。
なぜ、差が出たかの話は歴史的な背景もありそうですので割愛します)


ここまでのは日本の企業をアメリカが買収して、
短期的利益追求をめざす企業にしやすくして、
経営陣にお金が入りやすくするためのものかと思います。
労働者の給料は最低限におさえて、
継続的技術・ノウハウの向上はあまりみられていません。



郵政民営化は小泉さんが改革しようと旗をふったことですが、
これで国の国庫が楽になったり、国民が楽になったという話を
あまり聞いたことがないです。
これから結果が出るのかな?
元々どんな論理で民営化しなきゃならなかったのかが
疎い僕には意味が分からなかったりします。

郵政は上記の事とは毛色が違って
見えて何のことか分からなかったのですが、
本によると民営化して株式会社として、
アメリカが株式を買って効率化して利益をほしいとのこと。。。
そうするとどうなるかというと
人口密度に低いところに関しては切り捨てて
窓口がなくなる可能性があります。
実際ニュージーランドでは閉鎖が相次ぎ、
国有の郵政事業が復活しました。

水道事業が買収されたボリビアでは
水道料が払えなくなった国民が暴動になりました。



私がなんとなくこれらを見て思うのは
日本人の気質として日本社会に有利に働く勤勉性を除くこと。
それによって日本の細やかな点まで気を配ったサービス業、
製造業よりアメリカ型の安さ(?)・利益率重視が勝てるように
考え方を変えさせてるのでは? ということ。

そしてゆとり教育もそれを除くに本当に役に立ったのかもしれません。
安倍総理がだめだったという人多いけど、これを見直したのですよね?(確か?)
少なくとも一年でやり遂げたことがあったのは良いことだと思っています。


今まで日本にあった安心できる家電や食べ物、サービス…
すべて値段重視でだんだんとなくなっていく気がしてなりません。

因みにそんなアメリカの安さ優先・悪かったら自分で訴訟してといったやり方を
ヨーロッパは(農作物に関してだった気がしますが)安心できるものを作っていくことは
自国の文化ときちんと反論しています。

日本も最近は農水省がある程度頑張ってる気がしますが、
本来外務省がやるべきこと。
きちんと交渉すべきことを把握して、
アメリカからこうしてほしいと言われたことが
日本にとってどういう未来が描けるかを想像して交渉してほしいなって感じます。

いろんな諸外国の良い文化の例があるわけですから、
こんな国にしたいという例もあるはず。
少なくとも他の先進国と比較してほとんどの人が生活するのに手一杯。
少ない富裕層が利益を手にするアメリカが日本の理想像ではないはずなんです。

ここをご覧の皆さんは医療関係の方が多いので、
医療での改革(?)も医療費削減のため入院日数を無駄として削減したりしています。
医療関係は皆さんの方が詳しいと思うので割愛しますが、
これらの事がなぜテレビとかであまり放映されていないかというと、
TVのスポンサーとしてアメリカの企業がついてるから。。。
筑紫哲也さんとか自分の意見を曲げずに
きちんと述べている人がマスコミに減ってきています。
それどころかスポンサーに有利な情報を放送したりしてるので、
正直何を信頼していいのか僕にはもう分からない状態です。。。

これで未来はどうなるんでしょう???
初心をもったままの政治家…。
ドラマでありましたが、そんな人が日本を立て直してほしいと切に願います。


書きたいことはいっぱいあったけど、
書ききれずまとめられずぐだぐだですね。。。。


ちなみに前回3/20(?)の診察で
ちょろっと自分近辺にあることだけですがそんな状態で
自分がこれから生きていけるのか不安というのと
自分の子が生きていけるのかという不安を先生に話したら、
考えたってどうにもならないし、なんとかやってくしかないんじゃない。
多分、あなたの家族みんな10年後も生きているよ。って事。
スポンサーサイト

2009/04/08(Wed) 22:32 l 社会(ちょっとまじめに) l COM(6) l top ▲

コメント

No title
越後屋さん、偶然ですね。
私は全然知識がないのですが、最近同じようなことを考えていたんです。
成果主義を導入したことで、今の日本がダメになってしまった気がしているんです。
成果主義を導入させたのは、アメリカの作戦という人もいます。
日本経済が破綻することを予測してのこと。
アメリカの会社や政治では心理戦が良く使われているみたいですね。
まんまと騙されたような気がします。
暗いニュースや先行きを考えると不安になりますよね。
でも、私は逆に社会全体を良くするチャンスが到来しているのだとも思います。
今まで国民は、あまりにも政治に無関心すぎたんです。
これからが本当の変革・改革の時期なのかもしれませんね。
失敗は成功の元です。
マヤ人の記述が2012年で終わっているから、2012年に人類が滅びるのでは?という説を聞いたことがありますが、私は世界中の人の価値観が今までとガラっと変わるのではないかと思っています。
もちろん良い方向にです。
大変なことを経験しなければ、ほんとうに良い改革は生まれませんからね。
まず、自分を信頼したら良いのでは?と思います。
それが一番確実です。
頑張らなくても大丈夫です。
世の中の流れは悪く見えて、実は良い方向に流れていると思いますよ!
2009/04/09 (Thu) 00:21 l 葉月. URL l 編集
こんばんは。
じいやとお嬢様の考えがリンクしていたのには驚きましたぞ(おまえ誰だよ)

アメリカからマインドコントロール?された結果、こんな状態になってしまったのか・・・i-181

えっちさんの記事、興味深く拝見しました。
わたしはアホだけど、こういうの好きですi-175

日本は、コンビニが出来てからヘンになっていったっていう説を本で読みました。
コンビニが24時間動いているから、おのずと24時間動き続ける職種が増える=家族のすれ違いが増える=家庭崩壊=学級崩壊・・・こんな図式が出来上がってしまった、とか色々書いてありました。
コンビニに負けないようにと、地元のスーパーもついに24時間営業になってしまい、夜中にも関わらず、若い親に連れられた小さなお子がうろうろしていて、なんだかな~って思ってしまうんです。

えっちさんの記事とはだいぶそれてしまいましたが、策略家で要領がよくて、お金に執着がある人だけが結局生き残れるのかな~と思ってしまいます。
長生きしたいならお金を持ってないと、悲惨な老後になりそうです。

葉月ちゃんの仰るとおり、今、日本はターニングポントを迎えているのかもしれませんね。
どうやったら日本がよくなっていくか、知恵がたくさん出てくると思います。
日本の踏ん張りどころだと思います。
2009/04/10 (Fri) 22:20 l きょこ. URL l 編集
お返事~♪
コメのない方を含め、
長文読んでいただいた方、感謝です♪

★お嬢様、こんにちは♪
アメリカは外国に自国の依頼(?)をする場合
心理戦を使いますね~。
心理戦に日本の内閣府、官僚が強くなくても、
その分野に対する自分の知識とプライドがお金より強ければ、
こんなことにならないはずなんですがね~。
大変な経験をしなければ、よい改革をできないというのは賛成です♪
ただ、今の政治家のトップが一般国民の大変な経験を味わってないだろうな。というのが心配です。。。(国民が経験しない大変さはあるかもしれませんが)

★きょこたま、こんにちは♪
きょこちゃんはお代官様だったの?(ちがうか^^;)
こういう記事書いてると、
おまえは右派か左派かとか激しいことになりそうですけど実はあんまり深く考えてません。はい。。。

アメリカは第一次世界大戦以降、
世界経済のリーダーになりました。
ただし、歴史は浅いため、ライフラインを含めた所でも利益を最大に求めるといったところがあります。
最低限のライフラインは利益重視だけではなく
安定性を考える時期にあるのではないかなと思いますよね。
資本主義でも最低限生きることに必要な所は
きちんと統制を取って、国民が生きることができようにルールを作ってほしいなって思います。

なんか僕のレスもコメントからそれてますね^^;
2009/04/11 (Sat) 15:40 l 越後屋. URL l 編集
こんにちわ。。。
えち☆はん。こんにちわv-238

鬱頭で読むのが精一杯でした。。。
みんなちゃんと色々考えてるんだね。。。
私は、この今のワーキングプアを
なんとかしてほしいよ。。。
2009/04/11 (Sat) 17:00 l 志保. URL l 編集
No title
まあのんべんだらりんこしている人も
頑張ってる人も右肩上がりは不公平だ
ということをうまく利用して
働く人をうまく利用していると思いますね。
医療介護の仕事もきついから
成り手がないと言うけれど
きついのに勤務条件は悪い
給料が安いから
成り手が少ないんです。
でも日本人になり手がないから
安い給料でこき使えて
きりやすい外国人労働者を
どんどん増やそうとしています。
私の職場も総務はアウトソーシングで
私の職場とはなんら関係のない人が
やっています。
これでいいのでしょうか。
派遣だって好きな仕事を
好きな時だけ働けると
いいことばかり言って導入し
結局都合のいいときだけ雇い
都合の良い人だけ雇うんですよね。

私たちも安いことが良いことなのだろうか?
便利なことがいいことなだろうか?
考えなくっちゃいけないわね。

私は今の職場辞めたら偉い人の思う壺だ!
としがみついています。
それが本当に幸せなことなのかは
また考えなくてはいけないけれど。

越後屋さんは一家の大黒柱ということで
すごく責任を感じておられて
それがプレッシャーになることもあるかもね。
でもね、まずはお金がなくても
笑顔でいられることが幸せなんだよ。
給料もカットされてるし
不安はうちもいっぱいあるけど
ケセラケセラでいきましょうよ。



2009/04/11 (Sat) 17:44 l ピコ. URL l 編集
お返事~♪
★志保ちゃん、こんばんわ♪
鬱の頭には厳しいよね。。。
そんなに無理しなくていいよ~。
ワーキングプアの遠因はこれらの要求が原因ですよね~。
僕は医療制度改革で体調が悪くなっても
お医者にかかれなくなる人が出てしまうのが
一番怖いです。。。

★ピコたん、わんばんこ~♪
外国人に頼って人件費下げることが
ホントに正しいことなのかなって欧州の農業とかワインの作り方とか見てると思います。
欧州は時間をかけて自分たちで信頼できるやり方で信頼できるものを作ることを自信を持って提唱しています。
日本の企業も信頼できる物づくり、サービスではアメリカがとても追いつける所ではなかったはず。。。
アウトソーシングが始まって、日本人の給与が企業の利益に比べ下がって、企業の利益も減ってしまってという悪循環…。
そして企業の作るものも信頼性より安価であるもの。。。

一家の事を考えると暗くなっちゃいますが、
なんとかなると思わないとね~。
ただ、子供たちの将来を考えちゃうと心配でならないです。
2009/04/11 (Sat) 22:12 l 越後屋. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。